脂肪吸引法|ベイザーハイデフ

ベイザーハイデフとは

スポンサードリンク

ベイザーハイデフとは、ベイザーリボの進化系と言えます。

 

ベイザーリボは通称ベイザーと呼ばれる脂肪吸引法です。
というのも、ベイザーリボは単に脂肪吸引を行なって、スマートにするものですが、ベイザーハイデフは、あえてムラに脂肪吸引をすることで、腹筋の筋を演出したり、おしりにえくぼを作って、いわば脂肪吸引にファッション性を持たせたと言っても良いでしょう。

 

少し脂肪のバランスがうまくいっていない場合に、ベイザーハイデフでスタイルをデザインすることが可能です。
単なる脂肪吸引ではないという部分に、新しい整形の形を見ることでしょう。

 

ベイザーハイデフのメリット・デメリット

ベイザーハイデフのメリットは、脂肪吸引であこがれのボディラインを実現できることです。

 

脂肪吸引だけでも立派なものですが、筋が入ることで、若々しい体になることができます。見た目の美しさの究極と言えるベイザーハイデフは、男性で言えば割れた腹筋の美を人工的に作り上げることができるともいうことができます。

 

わざとの脂肪の残りが、肉体美を作り上げる事になります。

 

そして、デメリットはデザイン通りの脂肪吸引が困難であることです。
これは医師の技術によるものですが、設計図と実際の形の相違、ギャップの大きさと失敗例が多いことがベイザーハイデフのデメリットと言われています。

 

費用は高い

ベイザーハイデフの費用は、高いと見てください。

 

部位一つで相場は30万円。
と言うのは安い方というのですが、この金額を見て、高いと思う方はきっと多いことでしょう。

 

スポンサードリンク

脂肪吸引法|ベイザーハイデフ関連ページ

ベイザーリボ
ベイザーリボは、特殊な超音波で脂肪細胞をバラバラにして、脂肪を吸引することができます。 取り除きたい脂肪の細胞の結びつきを完全にゆるめて、結合している脂肪を遊離させます。 そして、その遊離した脂肪だけを確実に吸引することで、脂肪吸引を成功させます。
ボディジェット
ボディジェットの脂肪吸引は、最初に麻酔液と止血剤を脂肪層にジェット噴射をします。 これで、細部まで、それぞれの液が行き渡ることで、実際の脂肪吸引の際の細胞の損傷を極限まで減らすことができる新しい形の脂肪吸引です。
ボディタイト
ボディタイトの脂肪吸引は、高周波の熱で、脂肪を溶かしてから、吸引を行います。 高周波を当てると、脂肪は、液化してしまいますから、それからの脂肪吸引は、体への負担を小さくすることができます。
ウルトラゼット
ウルトラゼットは、脂肪吸引の一つの方法ですが、身体への負担を小さくしたものとされています。 特徴は、超音波の振動エネルギーで、脂肪を液状化することで、効率的な脂肪吸引を実現しました。 このような方法の脂肪吸引は他にもあります。
シリンジ
シリンジの脂肪吸引は、特に顔などにオススメです。 頬や顎などの部分的な脂肪吸引なら、手で簡単に行えるので、実際に行うとしても、気が楽ということもあります。 大掛かりな脂肪吸引もOKですから、まずはカウンセリングで納得行く説明を受けてみてください。
チューメセント
チューメセントの脂肪吸引は、現在ポピュラーな方法とされています。 最初に、止血・麻酔・脂肪を柔らかくする溶液を入れてから、脂肪吸引をします。 実際に吸引脂肪の3倍近くの溶液を注入するため、脂肪が膨らみ、吸入し易い形になります。
ハイパーインフレート
ハイパーインフレートの脂肪吸引は、チューメセントの脂肪吸引の改良版と言えます。 チューメセントではなかなかできなかった浅い部分や中間層の脂肪をスムーズにできるようにしたと言えます。
エルコーニアレーザー
エルコーニアレーザーが新しいのは、従来は体内の脂肪に直接レーザーを当てる方法ではなく、皮ふの外側からのレーザーにより、やけどなどのリスクが減ったことにあります。 低い出力のレーザーで、脂肪溶解レーザー、体外式レーザーと呼ばれています。
体内式超音波
体内式超音波での脂肪吸引は、皮ふを切開して、超音波を流します。 超音波とは、人の耳には聞こえない周波数の高いもので、それを脂肪に直接照射します。 超音波を当てられた脂肪は、柔らかくなってしまいます。
体外式超音波
脂肪吸引で体外式超音波は、現在多くの病院で取り入れている方法です。 体外式超音波は、体内式超音波で皮ふを切開して超音波を当てる方法とは違い、体の外から、超音波を当てて脂肪を溶解する技術を確立しました。
PAL
PALは、チューメセントを改良した脂肪吸引の方法です。 チューメセントの改良版テセは、ハイパーインフレートがありますが、それの上を行く方法で、電気の力で1分間に4000回のスピードで、振動する機器で、脂肪吸引をしていきます。