脂肪吸引|お腹

行きたいけど、行けない・・・・

スポンサードリンク

お腹の脂肪吸引は、できれば行いたい方が多いはずでしょう。

 

しかし、実際にやってしまう方は少ないとされています。
なんとなく痛い?怖い?と言った感想をお持ちになる方が多いようです。

 

実際の脂肪吸引の方法は、全身麻酔の対応のクリニックが多いです。
これは、お腹の脂肪吸引の箇所が広範囲に渡ることを意味しています。
ここもあそこも、ということであれば、確かな全身麻酔の方が安心のようですが、中にはこの全身麻酔が怖いという方も。
そうした不安を払拭するクリニックもありますから、相談をしてみてください。

 

跡が残るんじゃないか心配・・・・

脂肪吸引をした場所に跡が残る?と言う不安も、思い切った脂肪吸引ができない理由の一つです。

 

実際は、おへその中といつもの下着で隠れる範囲の場所を切開します。
それも数ミリという細かさですから、跡が残る心配はありません。

 

一応縫って抜糸という工程になりますが、普通に見ただけでは、脂肪吸引をしたようには見えません。

術後の痛みが心配・・・・

術後に関しても痛みがないと言われています。

 

脂肪吸引は大変なことですが、傷そのものは小さなものですから、負担も小さいでしょう。

 

何よりも、術後のお腹のぺったんこ。これは感動モノでしょう。
このために脂肪吸引を決心してよかったという方が多いようです。

スポンサードリンク

脂肪吸引|お腹関連ページ

脂肪吸引|顔(頬・顎)
人気があるのは、頬や顎です。 というのも、フェイスラインを大きく左右する脂肪。 頬と顎は、下膨れと二重あごを作りだす事になります。 この部分に脂肪がつくと、簡単にとること難しく、加齢とともに、垂れ下がってしまうと言う厄介な部位です。 シャープなフェイスラインが欲しい方には、脂肪吸引がオススメです。
脂肪吸引|まぶた
まぶたの脂肪吸引って? 基本としては腫れぼったい目をなんとかしたいとか、きれいな二重ラインが欲しい方にオススメです。 脂肪がなければ、というのは、いつも目がなんとなく厚ぼったいイメージになっているだけではなく、事実脂肪に覆われているケースがほとんどです。
脂肪吸引|太もの
太ももの脂肪吸引の困難さを物語るのに、多くの方の体験の話を参考にされるとよいでしょう。 細くなったというのは、皆さん同じ意見ですが、痛みとアザ、しこりに関しての口コミが多く聞かれます。 いずれも、脂肪吸引にはつきものですが、その程度がまちまちです。
脂肪吸引|おしり
おしりの脂肪吸引というのは、まさに下半身デブの解消として、太もも同様に手っ取り早く脂肪吸引がダイエットの一歩としてもやってみたい方は多いですしょう。 ですから、おしりの脂肪吸引をする時には、太ももも行う事が多く、一気に下半身スッキリ大作戦と言えます。
脂肪吸引|二の腕
比較的脂肪は少ない部分ですが、年とともに垂れ下がってしまう部位です。 一度脂肪がつくと、なかなかとることもできずに、ダイエットの中でも難しいところですから、思い切った脂肪吸引は、オススメです。 脂肪吸引を行う場所は、ひじの後ろやワキの下ですから、傷が見えることもありません。
脂肪吸引|ふくらはぎ
ふくらはぎの脂肪吸引は、注意が必要です。 実は、脂肪の割合が少ないと言われるふくらはぎですから、果たして脂肪吸引によって、細さの実感が出るかどうかにかかっています。 皮下脂肪が極めて多いという方にとってのメリットが大きいとされています。